卒業生の声

萬井博行 Hiroyuki Yoroi


名前:萬井博行
卒業年:1993年
出身中学:鳥取東中学校
勤務先:よろい環境計画事務所
HP :http://www.yoroi.info/

Q1:学生時代の思い出

まず思い出すのは5年生の卒業設計です。
自分がどういう建築を志していくのか、それを形として表現していく課程に多くの時間と葛藤がありました。
社会に出ていろいろ学んでいく中でも、その悩んだ時間が自分の芯になって反映されているような気がします。
私たちの時代は学生コンペなどなかったので、現在の米子高専はより“ものづくり”を重視した学習に

取り組んでいる様子を見て、卒業生として嬉しく思います。

Q2:入学を検討中の中学生のみなさんへ

私は建築、というより“ものづくり”がしたくて建築学科に入学しました。
設計を選択するまでには、高専での色々な経験や先生方のアドバイスをいただいたことが大きな助けになりました。
建築学科では、1~3年生までが一般教科と基礎の専門教科の習得、4~5年生では自分に合った専門教科を選択して、
重点的に学習することが可能です。
高専の卒業生は県外や地元でも活躍していて評判良いことが、高い就職率に繋がっているのだと思います。
 
Q3:現在の仕事について

米子市に設計事務所を開設して11年になりました。
これまでに住宅・医院・学校施設など中心に手掛けてきましたが、ひとつひとつの仕事にそれぞれ違う条件があって、

なにもないところから創造していく過程に、設計の難しさ、奥深さ、醍醐味があるだと感じています。

Q4:これまでの仕事の紹介

□南隈クリニック
鳥取市の繁華街に建つ診療所。
周囲の雑然とした街並みと対照的な“静穏な建築”をイメージしました。

用途:診療所
構造:木造2階建て
場所:鳥取市

□鳥取駅前予備校
独立後、最初に手掛けた建築。
ガラスのスクリーンを使うことで、道路側からの騒音や熱負荷を低減。
整然としたイメージを持たせています。

用途:学習施設
構造:鉄筋コンクリート3階建て
場所:鳥取市

関連記事

  1. 中村憲治 Kenji Nakamura
  2. 高専建築学科について…
  3. 金岡真梨子 Mariko Kanaoka
  4. 石村悠造 Yuzo Ishimura
  5. 吉田 輝子 Teruko Yoshida
  6. 畝森泰行  Unemori Hiroyuki
PAGE TOP