建築の世界

AIR475 カナダのアーティストとお絵かきワークショップなど


3年前から地元の米子建築塾が取り組んでいるAIR475(エアヨナゴ)という鳥取県のアーティスト・イン・レジデンス事業で、この夏はまたカナダからアーティストのシンディ望月が米子に来て、「空想の巨人を描いてみよう」というお絵かきワークショップを開催します。幼児から大人まで参加できます。高専生も挑戦してみてください。彼女の今後の個展等に活用されるかもしれません。

さらに、彼女は2年前に米子に来て作品づくりをした時から「石 紙 鋏」という3部作の作品作りに継続して取り組んでおり、今回は最後の仕上げのための調査も行います。米子の中海に浮かぶ無人島の萱島には、昔料亭があったらしいのですが、そのことを知っている方にお話や写真資料など聞き取りしたく、この8/23-27の12時~17時の間に「第三の眼」というアートのお店を開店して、そこで情報収集いたします。興味がある方のお越しもお待ちしています。

関連記事

  1. アトリエ・ワン 塚本由晴先生 まち歩き+トーク案内
  2. ダブリンの設計事務所で働くOB訪問
  3. 卒業設計展in島根県立美術館
  4. 米子駅についてみんなで考えるシンポジウム
  5. 岩倉ふらっとにてイベント2つ
  6. 藤村龍至さんのまちトークvol.2
  7. 上映会「だれも知らない建築のはなし」(9/25補講にて)
  8. まちトークvol.3
PAGE TOP