学生の声

高専入学を考えてるみなさんへのメッセージ


田川 桜 (鳥取市立桜ヶ丘中学校出身)

■入学のキッカケ

 小さい頃から工作などモノを作ることが好きで、中学の時は美術や技術、

理数などの科目が好きだったのでそういうことが生かせる職業ってなんだろう…

と考えたとき、それは「建築」なのではないかと思い建築学科に入学しました。

■学生生活について

 入学するまでは建築の勉強といえば製図とか模型作りとかをするのかなと
思っていましたが、それだけでなく構造、建築史、計画など建築について幅広く

学ぶことができるので、より建築が好きになりました。

 座学だけでなく森に行ったり米子のまちを歩いたり、いろいろと実際に見に
行ったり体験したりすることも多くてとても楽しいです。
建築学科に入って本当に良かったと思っています!

渡部 巴菜ツꀀ(島根県雲南市立大東中学校出身)

■入学のキッカケ

 単純かもしれないですが、小さい頃からビフォーアフターを見ていて、

いつか自分で自分の家を建てたい!建築家になろう!と思ったのが

きっかけで入学しました。

■学生生活について

 ベンチ作りやグループでの作品作りなど他の学校ではなかなか
できないことをたくさん体験することができてとても楽しいです。

 それと課題の模型や図面が出来上がった時の達成感はものすごいです!
初めての課題の時は嬉しすぎて親に電話して話をしたのを覚えています。

 これからもっと勉強して、知識・技術を身につけていつか本当に自分の
家を設計したいです!

谷口 京ツꀀ(米子市立湊山中学校出身)

■入学したきっかけ
 高専祭で建築学科の科展を見て「この作品はどのような構造でできて
いるのだろう?」と思い、建築に興味を持ったことがきっかけです。

■学生生活について
 学年が上がるごとに建築の専門の教科が増えていき、自分のやりたいことを
自分で考えてできる機会が多く毎日が充実していてとても楽しいです。

 僕は構造に興味があり、3年生のころからデザコンに参加しています。
デザコンでは全国の高専の人たちと競い合うことができるので今まで学んできた
ことの成果を発揮できる良い場所だと思います。また先輩方と一緒に活動できた
のでクラスメイト以外との人間関係を築くことができました。

 4年生になると研究室配属があり、自分の興味のある分野についてより深く
勉強できます。ここでは勉強はもちろんのこと、同じ分野が好きな同級生や先輩と
多くの時間を共にするので楽しくて時間が経つのがとても早く感じます。

今川 龍也 (南部町立法勝寺中学校出身)

■入学のキッカケ

 僕は昔から絵を書いたり物を創ったりするのが好きで、それを活かすことができる
学校に入りたいと思っていました。
 米子高専建築学科で、自分にあった内容の授業を行っていることを知り、志望しました。

学生生活について

 設計製図では、自分で考えたアイデアを自由に反映させることができ、
自分のオリジナルの作品が創れます。

 クラスメイトと話しながら作業するのも楽しみの一つです。これから建築を学んでいく上で、
他の人の意見を聞いて勉強することはとても大切になってくると思うので、コミュニケーション
をとることも大事だなと感じています。

PAGE TOP