学生の日常

米子市岩倉町の空家改修に学生参加

8-27.jpg
S1遠藤貴子さんが特別研究でも取り組む米子市岩倉町の空家活用プロジェクトで、改修工事がはじまりました。9月末には竣工予定で、学生シェアハウスとまちの学校として交流スペースができる予定。8/27初日の作業は解体から。1Fに土間スペースが広がり、視線も通風も抜け気持ちよい空間を予感させます。また畳の下から炉が出てくるなど発見も楽しい改修工事。また職人さんが丁寧に解説しながら指導いただけて、学生たちは大変よい学習の機会になっています。これ以上の生きた教材はありません。

施工は、美保テクノスさん。担当は2001年卒業の岡本雄一さん。また非常勤講師でもお世話になっている加納先生も担当責任者に。
またこのプロジェクトの代表はNPOまちなかこもんず(空家の管理運営)の理事もされている本校名誉教授の片木克男先生。さらに設計のプロとしてのアドバイザーに米子建築塾から山崎和弥さん、来間直樹さん(非常勤講師)。本校関係者だけでも学生から卒業生、非常勤講師など様々な立場の方に関わっていただいていますが、その他地元自治会、鳥大の先生、今回鳥取県の補助金をいただいた関係の県職員なども関わっていただいている貴重なプロジェクトです。今後にもご期待ください。

昨日は早速テレビ取材をうけました。日本海テレビ(8/27夕方18:24頃放映済み)。山陰中央テレビ(本日以降放映予定)。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.209356105890675.1073741835.164952903664329&type=1

関連記事

  1. 専攻科生が皆生で提案発表
  2. 2A LHR 認知療法に関する講演会
  3. 2年製図の来間先生エスキスチェック
  4. LHRでクリスマス会
  5. 日南町で地域おこし活動
  6. Design Review参加報告
  7. HRでクリスマス会
  8. 2A製図講評会と杵村先生
  1. 高専祭 

  2. 特別行事

PAGE TOP