学生の日常

図書館前広場『種まき教室』

米子高専図書館情報センター前の広場は、平成26年の秋に新しく生まれ変わります。

これまで十分に利用されていなかった広場を、いつも学生でにぎわう、

四季折々の植物であふれる広場に再整備するというものです。

その一環として、2014年11月3日(月)に、「種まき教室」を開催し、

学生や教職員、そのこどもなど約30人が参加しました。

この教室は、広場整備にできるだけ多くの学生に参加してもらい、
今後愛着を持って広場を活用するきっかけをつくることが目的です。

当日は、講師として広場の植栽工事を担当されている前田美徳さん(前田造園)と、

前田志穂理さん(緑の暮らしをつくるみせ 庭の林の森の)ご夫妻をお招きし、

広場に植栽した樹木の特徴や植栽方法,育て方などを教わりながら、

下草(グランドカバー)の種まきを行いました。

グランドカバーには「ワイルドフラワー」という、一度に数10種類の種子を混合して播く手法がとられ、

春や秋に草花が次々に咲く予定です。

米子高専のお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

tanemaki01.jpg

tanemaki02.jpg

tanemaki03.jpg

関連記事

  1. 豊橋技科大の大貝先生の講演
  2. 人間コピー
  3. 1年生 デザイン基礎の授業の作図例
  4. 校内施設ガイダンス
  5. 学生提案モニュメント完成
  6. 卒業研究・卒業設計発表会
  7. 鳥の劇場にて実測
  8. 歩測実習
PAGE TOP